高機能フィルム検査装置 PLXF-2000

高機能フレキシブルフィルム検査装置
各種フィルムの光点、斑点、異物、ピンホール、汚れ等を検出する高機能フィルム検査装置です。
高精度ラインカメラを用いて連続して流れるフィルムを500~1000ラインずつメモリーに取り込み多段フィルタ処理などのバッチ処理コマンドを利用して順次検査処理を行います。
コマンドの設定変更で簡単に処理内容を変更できますので、実験、研究用にも最適です。
資料ダウンロード

特徴

  • 7500ビット40MHzのラインカメラに対応
  • 欠陥検出専用回路とDual CPUによる高速検査処理
  • 欠陥表示状況プロセッサによるリアルタイム欠陥発生状況
    グラフィック表示(欠陥マップ、欠陥累積、欠陥発生状況、欠陥集積)
  • LANによる制御と検査状況の授受
  • フィルムの自動エッジ追従
  • 欠陥画像のリアルタイム自動保存、表示
カメラセレクション
1024ビットから7500ビット、10MHzから40MHzまでの高信頼性CCDカメラの中から、検出すべき欠点、S/N比、ライン速度、検査幅等お客様のライン仕様に合わせて最適のカメラを選定しご提供します。
高精度信号処理

最新FPGAによる高精度欠陥検出回路とDualCPUによる独自のコマンド群を駆使して目視検査に近い信号処理を実現します。

欠陥画像の表示/保存

検査中に欠陥画像の自動保存と確認が可能です。

フレキシブル処理

処理コマンドの編集により信号処理の変更が容易です。

検査中画面 プログラミング画面

用途・欠点検出

用途
  • フィルム
  • 不織布
  • 紙などのシワ
  • 汚れ ・ピンホール
  • スジ
  • 光点
  • 異物 以上等々の検査研究用の各種検査
欠点検出

ピンホール、シワ、汚れ

仕様

カメラ
インターフェース
カメラ画素数 MAX 8192ビット
クロック MAX 40MHz
台数 標準 1台 最大 7台
A/D変換 分解能8ビット256階調
ルックアップテーブル1面256バイト
(階調変換画像・2値化画像入力可能)
エンコーダ 同期機能有り
フレームメモリー DRAM 32MB、SRAM256KB、PCIバス経由読み出し可能
信号処理 2×25~7×7空間フィルタ、固定2値化、4値化
差分2値化・移動平均差分2値化
ランレングス検出etc.
シェーディング補正 波形ティーチング方式、補正曲線指定方式
外部入出力 シリアル
パラレル
デジタル入力
デジタル出力
2チャンネル
1チャンネル
フォトアイソレーション付き16点
フォトアイソレーション付き16点
ソフトウェア プログラミングシステムIPOSによるバッチ処理/連続処理ライブラリ
OS Windows XP/7 Embedded
外形寸法 610(W)×2000(H)×720(D)mm
電源 AC100V±10%