オーダーメイドの外観検査/画像処理装置メーカー

カメラソリューション

カメラソリューション

マイクロエンジニアリングは、ご要望の検査精度・検査条件をクリアするためのベストな光学条件をご提案いたします。

検査対象を正確に高精度で撮像するためには、カメラ・レンズ・照明などの選択が重要となります。とくに、照明は画像のコントラストへ大きな影響を与え、その良し悪しによって画像処理の精度が決まるといっても過言ではありません。

当社の経験とノウハウにより、ご要望の検査に最適なカメラソリューションをご提供いたします。

カメラの選定

○どのカメラを使用するべきかについては、様々な条件を考慮して慎重に選定いたします。

○カメラは用途に合わせて2つの種類があります。

ラインカメラ
1次元の画像(1列分)を連続的に取得することで 2次元の画像を得るという、スキャナーやコピー機と同じ原理の撮像方式です。
エリアセンサカメラに比べ、大きな対象物に対して有効で、連続的に画像を取得する場合に最適な方法です。 画像取得時は、カメラもしくは対象が一定方向に動いている必要があります。 多くの場合「1024 画素ラインカメラ」、「4096 画素ラインカメラ」と表現されます。
エリアカメラ
2次元の画像が得られる、画像処理システムにおいてもっとも一般的に用いられる撮像方式です。
画像のサイズは、 カメラによって決まります。電子シャッターを用いることで、動いている対象物でも画像取込を行うことが可能です。多くの場合、「30万画素カメラ」、「500 万画素カメラ」のように表現されます。

○カメラの画素数は検出対象によって決まります。

どのぐらいのサイズの傷や異物を検出するかによって、カメラの解像度は決まります。画像のサイズ(縦および横方向)が大きいほど、より多くの情報を得られた画像であり、小さな欠陥を検出することが可能となります。

当社では、1024画素~16384画素までのラインカメラ、30万画素から1600万画素のエリアカメラを取り揃えています。

レンズの選定

同じ性能のカメラでも、レンズを変えることで全く検査特性が変わります。カメラ本体のスペックではカバーできない過酷な検査条件でも、最適なレンズを選択することで可能となります。

上記のような様々条件を組み合わせることで、最適なレンズを選定いたします。

 

〒530-0043 大阪府大阪市北区天満2-7-10
ワールド天満ビル6F
マイクロエンジニアリング株式会社
営業時間: 9:15〜18:15 (平日)
📞06-6358-9837
📠06-6358-9397
PAGETOP
Copyright © マイクロエンジニアリング All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.